--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.29 器用だなあ・・・
先日、小倉城庭園で開催中の「ちりめん細工・春の寿ぎ展」を
見てきました。
ちりめん細工展

裁縫は、得意じゃないけど
古い着物のデザインを見るのが好きなんで、
ちょっと興味あって行ってみましたよ。

手指の技術の向上
美的鑑識力の発達
ものを大切にする心の養成

を目的に、明治以降には、女子教育の重要な教科「裁縫」の教材として
ちりめん細工「おさいくもの」が、とりあげられていたそうです。

明治・大正時代の古作と現代の作品が、ずらりと展示されていました。
やっぱり、心惹かれるのは、古い作品。
主に、縁起ものを形にしているものが多かったですが、
なんと言っても、私の好きな鳥のモチーフが多くて、
テンション↑ ^^♪
かわいいなあ・・・ほしいなあって思いながら、
ショーケースにへばりついて、見入ってました。

巾着なんかは、底の部分まで細工されていたり
動物や人の顔なんかは、絵師や上手な人に頼んで
仕上げてもらう、こだわりよう。

その時代の素敵女子は、職人ですよ、職人!
ここまでこだわるか!?ってくらい。
デザインや配色も素晴らしい。
時間が経って色褪せていたとしても、とっても魅力的でした。

↓これは、ちらしの1部をアップにしたものです。
ちりめん
この、うさ子の表情が何とも可愛くて、
この子見たさに足を運んだようなものです。

日本人が口癖のように言う「かわいい」
「かわいい」の定義は、色々あると思いますが、
私的には、可愛くない可愛さなんです♪萌え~

3月8日まで、開催してますよ。
ご興味ある方は、是非。

北九州市立小倉城庭園
9:00-17:00(受付は、閉館の30分前まで)
会期中無休   一般¥300


★昔の素敵女子にクリック!★
人気blogランキングへ


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。